2007年05月20日

イチロー「ピンク拒否」でもきっちりマルチ

イチローらしい出来事ととらえられそうですが、ちょっと意味が違うようだ。
またもや同僚への危機感、意識の低さ、クラブハウスでの行動などゆるんだ空気が許せないのだろう。中南米出身の選手のノー天気なノリに、どこか物足りなさを感じているイチロー。その悩みはつきないようだ。
がんばれイチロー・・・


 5月の第2日曜日は「母の日」。選手は皆ユニホームにピンクのリボンをつけてプレーした他、ピンクのリストバンドをつけてプレー。さらに多くの選手はピンク色のバットも使うなど、お祝いムード一色だった。

 ところがイチローは、ほぼ全員が着用していたピンク色のリストバンドではなく、普段のもの。バットもいつも通り黒いものを使った。

 イチローは今年の春季キャンプ入りの日にピンクのTシャツ姿で登場するなど、ピンク自体は決して嫌いな色ではない。

 一斉に「ピンクづくし」となることには抵抗があったようで、「(打席で)ポサダに『母の日おめでとう』と言われたからウケた。ジーターに言ってもらいたかったけどね。胸につけているやつ(リボン)で十分ちゃうん?」と苦笑い。それでも、いつものバット、いつものスタイルでしっかり2安打してみせたのはさすがだ。

―産経新聞―


posted by いちろう at 12:35 | その他

2007年05月02日

イチロー選手、台湾で勝訴…企業が無断で写真使用

肖像権問題は他にもたくさんあるんじゃないかな。
前回の日産のCMしかり、確かにイメージはいいですもんね・・・
-------------------------------------------------------------------------
 米大リーグ、マリナーズのイチロー選手が広告で肖像権を侵害されたとして、台湾企業を相手取り、台北地方法院(地裁)に起こしていた損害賠償請求訴訟で、同法院は4月30日、企業に賠償金として500万台湾元(約1800万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。

 中央通信が伝えた判決文によると、被告のスポーツ用品メーカーはイチロー選手の写真を売り場のポスターやバスの車体、雑誌の広告に無断で使用していた。

 イチロー選手は2005年9月、代理人を通じ1億台湾元の賠償を求めて提訴していた。(共同)

posted by いちろう at 11:02 | その他

2007年04月28日

FAイチローどうする新天地…今季、権利を取得

今年の契約更新が楽しみです。
個人的には松井選手と一緒のチームで戦ってほしいけど・・・

---------------------------------------------------------------

 今季終了後、FA権を取得するマリナーズのイチロー外野手。今年がシアトルでの最後のプレーになるのか、来年もマリナーズのユニホームを着たイチローがみられるのか、話題を呼んでいる。そんなときに、ナショナル・リーグよりもアメリカン・リーグの球団の方が、イチローにとって追い風が吹きやすいと指摘する声が…。

 23日の試合で、イチローは本塁打が出ていればサイクルヒットという惜しい3安打。実はこの日は、4打席目にも2死一塁から遊撃への内野安打性の当たりを放っていた。この時、一塁走者が、9番を打っていた捕手のバーク。遊撃手はアウトにするのが難しいイチローに見向きもせず、鈍足のバークを悠々と二塁で封殺している。つまり、今季2度目の1日4安打を逃した格好なのだ。


 三遊間への内野安打もひとつの持ち味であるイチローの場合は、前を誰が打つのか−でも安打数が左右される。


 9番は、ア・リーグでは俊足で1番につなぐ役割ができる打者が起用されることが多いが、一方でナ・リーグでは専ら投手の打順。1番を打つイチローにとっては、打席が回ってくる回数が少なくなる。さらにメジャー他球団の編成関係者からは、FA移籍の難しさを指摘する興味深い指摘も飛んだ。


 「この数年のマリナーズの補強を見ると、投手はウォシュバーンやウィーバー(共にエンゼルス)など、同一地区からの移籍が目立つ。一方、打者はベルトレ(ドジャース)、ビドロ、ギーエン(ともにナショナルズ)と、ナ・リーグからの獲得が続いている。打者は相手投手の特徴を一から覚え直さないといけないから苦労する。投手はすでに覚えられているから、移籍のメリットはほとんどない。イチローも来季以降の移籍先としてナ・リーグの球団を選べば、対戦する投手の面々がガラッと変わるのは覚悟しないといけない」と説明した。


 環境の変化に立ち向かっていかなければならないナ・リーグか、これまでの蓄積を生かすことができるア・リーグか。イチローにとってリーグの違いが、新天地探しの重要な考慮ポイントとなるのは確かだ。

(グーニュース)
posted by いちろう at 09:49 | その他

2007年04月27日

理想の社長は「イチロー」「北野武」=新入社員の意識調査

最近の若者も強いカリスマ性を求めるんですね。
イチローが社長なら、どんな困難にも自ら立ち向かい、切り開いていってくれそうです。

---------------------------------------------------------------
 新入社員の理想の社長は、米大リーグ・イチロー選手とタレントの北野武氏−。東京商工会議所が26日発表した新入社員の意識調査でこんな結果が出た。トップの2人のうち北野氏は昨年調査で6位だったが、イチロー選手は2年連続で、根強い人気をうかがわせた。
 3位はプロ野球の古田敦也監督兼選手、4位はタレントの太田光氏、5位はタレントのみのもんた氏と続き、テレビでの露出の多い人物が上位を占めた。男女別では、女性の5位に宮崎県の東国原英夫知事が初めて食い込んだ。
(時事通信)
posted by いちろう at 12:38 | その他
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。